イタチ駆除は業者にお任せ~害獣から身を守るために大切なこと~

不動産

悪臭や健康被害

室内

イタチは肉食動物なので安易に近づかないように注意しましょう。また、イタチが家に住み着くと悪臭やダニ、ノミなどの健康被害、騒音被害などがあります。農作物を荒らすこともあるのでイタチ駆除ははやめに行ないましょう。

View Detail

業者に依頼しよう

イタチ

天井裏でバタバタと音がする際は害獣が住み着いていると考えられます。特に夜間に走り回る音がする際は、夜行性であるイタチだと考えられます。イタチは断熱材が入っている天井裏や床下に好んで生息します。また、そこで出産や育児を行ない、繁殖を繰り返します。イタチが住み着くと騒音以外にも悪臭被害を引き起こします。イタチの糞や尿は非常に強烈な悪臭がするため、家全体が臭くなってしまいます。また、ダニやノミが繁殖し、かぶれや皮膚炎を引き起こすこともあります。喘息やアトピーといったアレルギー反応を起こすこともあるのです。小さなお子さんやペットを飼っている家ではイタチの被害に注意しましょう。イタチや狭い隙間からも簡単に侵入してくるため、天井裏や床下から室内に侵入してくるケースもあります。ペットが怪我を負ったり、室内の食べ物が荒らされたりといった被害も報告されています。そのような場合は早急にイタチ駆除を依頼しましょう。

イタチは小動物のため、非常に可愛らしい姿をしていますが、駆除する際は、プロが行なう必要があります。素人が下手に駆除しようとするとイタチが噛み付いたり引っ掻いたりするためです。イタチ駆除をする際は、イタチ駆除業者に相談しましょう。イタチ駆除業者は西日本を中心に多く存在しますが、その中から信頼できる業者に依頼することが大切です。イタチ駆除業者に依頼する際は、まず見積もりや現地調査を依頼しましょう。信頼できるイタチ業者を見つけることが大切です。

イタチ被害の対策方法

外観

イタチの被害に遭う前に、イタチ駆除業者に依頼してイタチ対策を施すと適切です。自分で対策する際は、イタチの嗅覚を利用した忌避剤やイルミネーションなどの光で追い出すと適切です。

View Detail

駆除する際の注意点

レディー

日本で見られるイタチは主に5種類です。その内の2種類が西日本に多く生息しています。イタチ駆除は自分で行なうのは危険です。イタチ駆除業者に相談して種類に適した方法で駆除してもらいましょう。

View Detail